weep Blog

どうもみなさん。ホエホエパー。

weep.jp

***最近の近況***

無問題 と 無問題2

どうもみなさん。

ホエホエパー。

謎の白い物体、 weep です。

TVアニメ『けものフレンズ2』PV 第一弾 が公開されました。

いろいろと、賛否評論、罵詈雑言、中韓米から熱いディスコメントもなされてるようでありますが。。

おいら的には楽しみと言うか、お手並み拝見って感じです。

 

f:id:weep:20180903022212g:plain

さて、前作の繋がりのない「2」作品と言うのがいろいろと過去にはあります。

 

おいらが個人的に思い出す作品は「無問題(モウマンタイ)」シリーズです。

岡村隆史主演の日本と香港の合作映画です。

無問題(モウマンタイ) [DVD]

無問題(モウマンタイ) [DVD]

 
無問題2 [DVD]

無問題2 [DVD]

 

おいらは当時高校生でした。

1作目の無問題は、劇伴がすごい好きでサントラCDを買いました。

無問題(モウマンタイ)

無問題(モウマンタイ)

 

CDによれば、劇伴の作曲は福原まりさんという方が担当しているそうです。たぶん。

当時聴いていた、ナインティナインのオールナイトニッポンフィラー曲(地元局では深夜はきっとCM少なかったんだな)でも流れてましたね。

おいらは「ドラッグストア」って曲がすごい癒やされて好きです。この曲は主人公が現地の言葉を知らないままドラッグストアに行きクスリを買って現地人のヒロインの看病に奮闘する時に流れる優しい曲ですね。

ストーリーは進行するにつれて微妙だなって思う人も居るかもですが、おいら的には悪くなかったです。所詮は岡村隆史マニア向け映画なのだから。

 

で、「2」が公開さてた後日にビデオで観たんですが(どちらも映画館で観ずビデオで観た記憶)、前作とは一切繋がりのない作品となってるんですね。

どうやら、前作の反省を踏まえた続編という位置づけで、監督やスタッフが異なっていたり、前作よりポップで明るい感じになり、矢部の出番を前作より分かりやすく自身が出演した映画の役の風貌(メッセンジャーだっけ?)で登場した感じなんですよね。。。

 

そもそも、前作の主人公の男が日本人ヒロインと現地人ヒロインと揺れ動く恋愛尺が、アクションシーンよりくっそ長いので、アクション映画感は申し訳程度で、ラブコメディ映画として観るのはありですが、そのラブロマンス感を廃し素直なアクションコメディにしたのが「無問題2」わけなんです。

出っ歯ヒロインなのはそういうことなんだろうが、最後の最後でちらっと出っ歯がないのが見えてしまったが、これはきっと深く考えたら負け。

 

 

当時高校生だったおいらにはこれが納得がいかず、前作と繋がりのない作品に安直に「2」を付けることの意味が理解できなかったんですね。

あーあ。若かったなぁ。

 

花形な役者さんや、登場人物(キャラクター)の版権者によって、売れるであろう作品タイトルを決定づけられる、安直に「2」をあてがう大人の事情はおそろしい。

カネを出す人が正義であり、それが資本主義社会なのだからと割り切るしかない。

カネで夢は買えると言うが、買えない夢だってある。残念なことだ。

 

むしろ、連番なしのサブタイトルを付けて、遠い未来に混乱を招きかねない事態にならないだけでも、おいらは偉いと思った昨今なのでした。これは意外と重要です。

 

おいらの高校時代の「無問題2」を見たあの頃のモヤモヤが、再び蘇って気やしないか、不安ではありますが、よっぽど成績が良くなかったの知らないけど、「3」ないじゃん。

のちの「てぃだかんかん」みたいに別の名前にすりゃ良かった的な意見もあったりなかったり、「てぃだかんかん」は製作会社も時期も全く違うし。。。

 

「無問題」も「無問題2」も、どっちも好きな weep がお送りしました。

フォローじゃないぞ。興味があったら観て欲しい。

割りと、BSかCSでたまにやってるよん。

 

 

岡村さん。

「無問題3」はいつになるでしょうか?

嫌なら観るなの岡村隆史でーす。

(これ書くとファンに本気で怒られるやつ)

© 2018 weep Blog

( 記事内容の転載・掲載はご連絡下さい )