読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おいらの動作確認

[ダジャレ]どうさ、確認してみた?

印刷のことなら格安・激安の印刷通販【ラクスル】

2016年度 ACジャパン を寸表してみた

ACジャパン 役に立たないレビュー

 

死にまつわるテーマの作品が多め。

前年度は、災害対策のテーマ作が多すぎでした。

で、実際に災害が発生した時に流しにくい事態となってしまったわけです。

 

それを考慮した今年度、災害対策テーマの作品はありませんでしたね。

しかし、ややダークなテーマがあって、おいら的にはご馳走様でした。

怖いCMはおいらのおやつ!

お・や・つ!!!

 

 

 

横断歩道と葬式のしましま

怖いCMファンのおいらとしては、これは良いなぁと思いました。

横断歩道で奪われている」(名古屋地域キャンペーン) 。

これぞ。あのACだなって。

 

f:id:weep:20160702205024p:plain

でもさ、横断歩道を、葬式のしましま(鯨幕)に例えるなんて。。。

そんなアイディアマンは、きっとインターネッツからは

「不謹慎・オブ・ザ・不謹慎!」そう言われそうです。

 

まぁそうでもないと、こう言ったのは生まれない

不謹慎・オブ・ザ・アイディア作です。

 

しましまにしまっしま!

 

ペットの命がテーマの作品きたこれ!

ACでは、ペットの命を扱った作品は過去にありましたが。。

これがおいらの1番のお気に入りACなんですが。

 

今回も久々にあったようで。。。

f:id:weep:20160702205053p:plain

全国キャンペーンの「死因」も、怖くて良いなぁと思いました。

ですが、おいら個人的に観て思ったのは。。。

 

これって。。。

日 本 医 師 会 (2008年放映作品)と、同様の演出なんです。

ナレーションなし。

BGMと悪役らしいテロップだけで攻めていくっていうやつ。

この演出はありきたりなんだけど、怖さがあって大変よろしい。

 

 

交通遺児育英会

f:id:weep:20160702205438p:plain

お父さんへの報告

これは、内容は言及しませんので、是非とも御覧ください。

前年度と一緒な娘か?

前年度にあった入浴シーンは絶対に見逃すなよ?

入浴シーンというのは女性的かつ芸術的な要素だ。

(なんて、おおげさな。)

 

 

明るいACもいいけどさ!

f:id:weep:20160702205351p:plain

あとは、盲導犬会議とかそういういつも通りの明るいACは割愛。

 

この頃、犬やら猫やらがしゃべるCM多すぎ。

なーにが、ニャンキュッパーだ。

 

学生のレベルが上がったようで、プロはしっかりしろ!

今回特筆すべきことはこれだけ。

学生賞のレベルがすごいことになっているのです!

これらの作品は、BS民放9社で1年間にわたり放映中。

BS観てて、これらが流れたらラッキーです!

 

f:id:weep:20160702205946p:plain

前者の「プラスチック~」は、馬鹿でも分かるシンプルさであること。

しかもそれは、押し付けがましいものでもなく、ハッとさせられる。

なおかつ芸術性もあり、恐怖心をほどよく煽った感もあり。

公共広告の要素がすべて余すことなく揃っている。

「これぞ、公共広告だ!!」と、お手本のような作品でした。

「最近のACでも、そういうのあったのかい?」と目を冷ましてくれる作品。

 

f:id:weep:20160702210001p:plain

後者のは、ちょっと押し付けがましい感じなものではありますが。

セクシャルマイノリティ*1をテーマとした貴重な意欲作。

「左利きの割合と同じくらい」と、わかりやすい例えで説明している。

左利きの人に風評被害が及ばないか心配な要素も兼ね備えた作品でもある。

しかし、おいらの周りには左利きの人居ないんですよねぇ。。。

 

f:id:weep:20160702204220p:plain

以上、簡単な寸表でした。

ACジャパン

 

※記事中画像や動画は、ACジャパンからの引用をふんだんにしています。

批評目的の引用、、、

*1:日本ではセクシャルマイノリティと称するらしい。

国際的にはそんな差別じみた言い方はせず LGBT と称するらしい。

てか、そっちの方が知名度ありそうだな。