読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おいらの動作確認

[ダジャレ]どうさ、確認してみた?

印刷のことなら格安・激安の印刷通販【ラクスル】

伝説のニコニコ大百科編集者 "weep"

ニコニコ大百科 日記 香ばしい記事 モブログ

この記事はスマホアプリから更新されました。


どうも。どうも。

はてさて、最近はニコニコ大百科の編集作業とかはやってませんが、昔はよくやっていました。

実は、ニコニコ大百科を「ニコ百」と略し始めたのは、おいらが最初で、誰も使わないから「ニコ百」の記事を新規投稿したんですが、当時の管理人だった末永さんことグニャラくんに、「そんな勝手な略称は許さない。ニコニコ大百科の略称はニコペだから!」と氏の生放送で起こられてしまったわけですが、ニコペは別のサービスで存在してしまったりなどの事情があったために、今ではみんな割りと普通に使ってますし、Twitterボタンにもニコ百とつきます。

ゲーム脳」とか「ゲッダン」とか「ゆめにっき」などの記事を新規投稿したのはおいらなんですがやっぱり、「ゆめにっき」の記事は最も建てて良かったなと思ってる記事のひとつです。

当時は、フリーゲーム作品をWikipedia記事で扱うのは厳しい状況だったようです。要出展の付箋が張り巡らされ、削除依頼されて消されてたんです。Wikipediaのクソ対応に見かねたおいらは「ゆめにっき」記事をニコニコ大百科で建てたのです。なければ作るのがおいらのモットーだからさ。

今でこそ、商品化や書籍化がされ、日本はもちろん、海外からも高く評価され愛したファンによる派生版が続々と作られ、もはや「ゆめにっき」はひとつのジャンルとしても見ても良いほどの大人気なフリーゲームですが、当時はニコニコ動画にプレイ動画が投稿されて注目され始めた頃でした。

作者サイトみたいな配色にして、おいらの知ってる知識をだーっと書いたのですね。もちろんあとからみんなが1から直してくれたのでしょうけど。

記事を書いたあと、ニコニコのコミュニティも開設しましたが、現在は違う方がコミュオーナーで、その方はおいらよりゆめにっき愛があり適任でしたから交代しました。

そんなおいらは、でんでんでんでん伝説のニコ百編集者。ほっぽりだして3ヶ月。たてたてたてたて建て逃げの蔑称された、アホー。

この記事はiPhoneで且つ、できそこないの有料ATOKを使って書いたので、誤字脱字はおめめつぶって大目に許してください。