読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おいらの動作確認

[ダジャレ]どうさ、確認してみた?

印刷のことなら格安・激安の印刷通販【ラクスル】

Flash8でカラオケ字幕を作ってみた

SHII.NET カラオケ字幕.swf

はい。

SHII.NET コンテンツなのですが、面倒なのでここに紹介することになります。

どのみち過去何度か紹介していたわけですし。

f:id:weep:20160308210852p:plain

 

今回のニコカラ

魔王魂さんとこの楽曲にカラオケ字幕をつけていくことにしました。

魔王魂さんの利用規約は「著作の表記」と「著作を偽っての配布の禁止」程度であり、ガムを食べ過ぎたあとのお腹くらいに緩いので、これは課題に持って来いだなぁと昔から思ってたのでした。

今回の課題曲は「つけもの」「月と狼」です。

「月と狼」は、いつぞやに Muzie で聴いたことがあったので知ってました。

 

ボーカルあり

 

ボーカルなし。ガイドメロディもなし。

 

今回のニコカラの仕様

えーと。

字幕制作が、Flash5 から、Flash8 になりました。

f:id:weep:20160308201943p:plain

従来の Flash5 では、インクボトルという塗りの周りに線を引く機能を使って、塗の状態にした文字にフチをつけていました。(上の画像下行の文字)

つい、出来心で「つけもの」にしてしまった、おいらはうつけ者・・・。

それでは文字を見やすくできない上に、商用カラオケ風の字幕を再現することが出来ないと判断し、13年以上使い倒した Flash5 に別れを告げ、やめることにしたのです。

さよなら Flash5

こんちわ Flash8 (厳密には Flash Professional 8)

Flash8 では、文字・ムービークリップ・ボタンにフィルタを設定することができ、グローなるものがあるので、それで文字にフチをつけています(上の画像上行の文字)。

上記の画像を見れば一目瞭然、かなりの革命的な変化となったかと思います。

 

また、PowerDirector14 が、RGBA動画を読み込んでもいまいちアルファチャンネルを判定してくんないし、クロマキーの仕上がりもどうあがいてもクソ仕上がりだったのでした。

最終手段として、 SWF そのまま読み込みができるおいらの大っ嫌いな会社のソフト Premiere Elements をしぶしぶ使う羽目になりました。

うううう。

 

問題点

フィルターのグローは、グラデーションがついているので、ワイプ中の行にちらっとワイプ後の白いフチがチラリズムします。 なんだか某「ニコカラメーカー」っぽく見えてドキドキしましたが、ニコニコ動画の画質なら目立つことはない模様。。。

YouTube に高画質版をあげたら少し目立っちゃってるかもね。

今のところはそのくらいですが、やはりおいらは編集がおそい!

しばらく、Flash8 の使い方やあれこれを覚えてから再開すます。

 

 

p.s.この記事は、2016年6月12日付けに修正しました。