読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おいらの動作確認

[ダジャレ]どうさ、確認してみた?

印刷のことなら格安・激安の印刷通販【ラクスル】

ネット上の話題しかできない薄っぺらなブログでいいのだろうか

日記 香ばしい記事

いわゆる、某ゼブラさんが好物的とするメンヘラ回的な記事でも書く。

脳内の声の出演には野々村竜太郎ってな感じに読んで頂けるのがおすすめです。

「ネット上の話題しかできない薄っぺらなブログでいいのだろうか」

(ここから続きを読む)

おいらはそう昔から悩んでいた。知識もなければ子供のようになんもできない未熟なおっさん。好き勝手に思いつくままブログを書いてきたのだが、だいたいはネット上のあれこれを書いた記事がよく読まれるのが現実だし、無意識的にそう言ったことを書いてしまう。

先日書いた「リボンちゃんの前世」記事は、テレビCM史の資料映像の発掘とその提示としての記事だったので、すべてがネット上の話題でなくても読まれるときは読まれるもんだなと思った。普段より真面目書いた記事なだけに嬉しくも思った。

まぁあれは、おそらく互助会的なものではないかと勘ぐってる。だがすべてが「互助会」と言う理由ならば、おいらはとっくに互助会の皆様のおチカラで 6hot ブログから卒業して、本数冊ほど出せる著者レベルのミリオンホットなブロガーに違いない。オーバーかも知れないが、これほどオーバーでないと妄想も薄っぺらい。せめて妄想くらいはオーバーアンドオーバー。安堵なくらいオーバーさせて頂きたい。

f:id:weep:20160113050525p:plain

塩分控えめすぎの食いつきのよろしくないイヌネコのエサ並みに興味のない記事には、互助会は通用しない。誰も話題がついてこれない記事には互助会もお手上げなものですよ。だいたいは運なのかもしれません。そう思ってる自分はまだまだ狭いところに住んでいるのかも知れず。井の中の蛙、大海も空海も弘法筆を選ばずも知らずです。

アフィリエイトでこれくらい稼げる」とか「ブログ塾でアクセス数がこれくらい稼げる」とか「炎上したあの人はこういうやつだった」とか「このつけめんとイケメンがすばらしい」とか、そう言った記事は10年以上、叫びたくなるほど何度も見てきた。書いてるやつは飽きないのか、飽きるという感情を知らない哀れなロボットなのか。はたまた単なる迷惑なボットなのか。。。不思議なものだ。

おいらも若かりし頃、ブログでは「このブログを閉鎖がしたい」とか「サーバーを変えたい」とか「WordPressにしたい」とか「アクセス数がこんんだけ~」とか「今週のアフィリエイト収益は~」の話題ばかりしていて、本当に思い出したくない、恥ずかしがり屋さんの女性の乳房にある小さな恥部くらいに恥ずかしい恥部である。

f:id:weep:20160113040107p:plain

あるときにこう言われた。

「お前の脳みそは、
ネットで出来てるんですか?
人間じゃないんですか?」

巨人の星のクリスマス回」並みの統失症状くさい回のごとく暴れたくなった。ところであれって弁償代はいくらなのだろう。*1

「あーうー。
ちきしょう。
おれはにんげんなんだー。
にんげんなんだぞー。
ちきしょう。」

暴れ狂う。

f:id:weep:20160113035407p:plain

どうせ多くの人には読まれないブログ。

つい昨日、「今月のPVが1000を突破しました」通知が来たところだ。

とことん個人的で、マニアックな、誰も書かないような記事を書こう。

そう思い続けておいらはブログを書いてきた。。つもりだ。

閉鎖し、移転し、借りてたブログサービスが休止し、移転し、現在のこのはてなブログを開設してから来月でちょうど1年になる。

とにかくなるべくはネットの話題を控えめな記事を書きたいとするも、ネットを見てるやつほどネットのことを、より知りたいし、より自慢したくなるものなのではないか。

だが、こうはどうだろうか。例えば、ブログでアウトドア知識を語ったところで、ネットを見てるやつの内のアウトドアに興味がある人など、かなりふるいにかけて淘汰されることだろう。

アウトドア知識をどうしても語りたければ、4コママンガのネタに落とし込んでマンガ描いて載っけた方が、アウトドアに興味がある人もマンガに興味がある人も読んでくれて一石二鳥であろう。面白いかどうかはまた別問題だがな!

そういった意味で、おいらは過去どんなにつまらないネタでも、Flashにして公開してきたわけで、今や、Flashの地位が崩れていった現在ではそれが通用しなくなった。



HTML5派は大いにおいらを笑ってよい。HTML5Flashよりも短期間で敗れ去る日を食い止める努力でも見て見ぬふりでもするが良い。HTML5Flashよりも感動的なコンテンツが作れるものなのだろうかお手並み拝見である。艦これくらいな感動はせめてさせてほしいぞい。おいら未プレイだけどね。

そんなおいらですが、今ではFlashを使ってマンガを描いているわけである。遅筆でまだ描いてる途中なので、この記事でお茶を濁し、飛ぶ鳥跡を濁さぬ如く、去っていくがよい。

薄っぺらいかどうかは、書いてる人の本質的な問題なのかもしれぬ。

なんか、自分の文章を読み返して、そう思えてきた。

ここまで読みにくいブログは、ほかにもなかろうて。

最後に1番言いたいことがある。

「こんなん俺でもできるわ!」ってモノを一刻も早く探して実行して下さい。本当に一刻も早くです。こんな文章を読む暇もありません。その頂点を極め、誰もが震え上がり逆らえないほどの既得権益で、専売特許的なものを得て下さい。

これであなたも勝ち組です。

*1:120万くらいだってどこかで聞いたような気がする。当時の額でなのかな?