読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おいらの動作確認

[ダジャレ]どうさ、確認してみた?

印刷のことなら格安・激安の印刷通販【ラクスル】

映画ドラえもん のび太の恐竜 1980 を観た時に思ったこと

映画 アニメ ドラえもん 香ばしい記事 続き読むが本編 役に立たないレビュー

これだけでは語り尽くせるわけがないので、記事ごとでレビューする。

まぁ、途中で飽きたりするかもね。 

ひどいネタバレなので、続き読む形式にしています。

f:id:weep:20151226170435p:plain

おいらが把握している特徴

映画のタイトルロゴ

オープニングで表示されるタイトルロゴは「ドラえもん」だけ。

オープニングのあとに、サブタイトルが出るといった形式である。

映画ではこれは最初で最後の形式である。

ピー助

ピー助の声はドラミちゃんを演ってた、よこざわけい子さんであることは知られている。

f:id:weep:20151226170752p:plain

ついでに言うと「ボクタチハ タイムマシンヲ ノットッテ ニッポンへ カエル」のコンピューター声のほうがドラミ声に近いと思った。

きっとあのコンピューターの音声チップはドラミのと一緒のやつを使ってるのだろう」的な推測をしたりする嫌なクソガキでしたよ。

あと、のび太を叱った崖の下のおじさんとタイムパトロールの隊長さんは、のび太パパと同じ声の人だよね?

場面転換時、背景止め絵の多様

場面転換に止め絵で意味不明なところをズームインしていくシーンが子供心に「ここって必要だったのかなぁ」って思った箇所が多々ある。

特に悪党が観念したあとの「天井穴の空」にズームインしていくところは、今見ても謎なんだよなこれ。

f:id:weep:20151226155642p:plain

一体なんだよこれ。

穴のずれたレーザーディスクかい?

ガキの時はこういうマリオの無敵時間以上待たされるようなシーンは苦痛だった。

特徴的な未来の乗り物の飛行中の効果音

悪党の乗り物や、タイムパトロールなどが飛行中の音。

ガキの時よくモノマネしてた。誰にも伝わらないだろうけどやってた。

おいらの泣き所

前述の穴のずれたレーザーディスク背景が虹の空に変わった時に、のび太が突如「ぼくとピー助のお別れの時がきた」と、いかにも「ここらで泣けますよ~」と案じてるようなナレーションに白けて、おいらはタイムパトロールに乗ったのび太とそれを追うピー助のところではなかなか泣けないのだ。

やはり、のび太がボールを抱いて眠り、リア充ピー助カップルの夢をみるところがすごく良い。おいらは毎回ここで涙するぜ。

おいらが把握している裏話的なこと

東映まんがまつりの作品になりかけた

そもそもこの作品は、「東映まんがまつり」の1作として上映する構想だったらしく、実現していれば、ドラえもんドラゴンボールで、「ドラドラまんがまつり」だったであろう(まぁ音楽担当の人は一緒だし)。

結果的には、90分ほどの尺になり、怪獣映画の代表として「モスラゴジラ」リバイバルを同時上映として東宝の映画になった経緯がある。

最近買って読んだこの本にはそう書いてあった。

「ドラえもん」への感謝状

「ドラえもん」への感謝状

 

その本の著者は、映画化に「のび太の恐竜」を選んだひとだった。

(前省略)ボクは、あのピー助が、白亜紀に行った後、どうなったのか、非常に興味を持っています。あの続きを描いていただけますか?

( 略 )

先生はじっと考えて、やおら大きく頷きました。

・・・・・・それだったら、描けます

と先生、長編をOKしてくれました。

これが「のび太の恐竜」映画化のきっかけらしい。

出木杉が冒険に参加しかけた

あと、ドラマニア的には「出木杉」の件に触れないわけにはいかない。

こういうトリビアは、記事に書いても言うし、書かなくても言うに決まってる。

シナリオの第一稿には、出木杉が冒険に参加してて、「タケコプターを休ませる提案」や「ブロントザウルス*1は草食でおとなしい説明」をする役目になってたらしい。

お察しの通り、「店員オーバーだ降りてくれ~」とドラえもんの叫びとともに、出木杉はこの映画に出てくることは一切なかった。

全国の出木杉くんファーンの皆様、残念でしたっと。

https://db.tt/2eMySqHb

ページが消えてたのでスクリーンショット保管。

ミュージカル版では、黒い男が「だんな」って呼ばない

DVD化してないのかこれ。。

ドラえもん・のび太の恐竜<ドラベンチャー [VHS]

ドラえもん・のび太の恐竜<ドラベンチャー [VHS]

 

黒い男の名前が「ハンボス」と判明した作品である。

ハンボスは映画ではドルマンスタインを「だんな」と呼び、ミュージカルでは「ドルマンさん」と呼んでいる違いがあるなど、ちびっ子が観ても大丈夫になってる。

てか、映画では悪党同士が名前で呼び合わないもんだから、名前知らないキャラになりがちなんだよなぁ。

たぶんこの「のび太の恐竜」が教訓になってるのかもな。

あとタイムマシンが壊れた時の演出は、映画よりも迫力があったような覚えがある。

まとめ

首長竜は、分類上恐竜ではない。

以上。

*1:現在はアパトサウルスと呼ぶらしいよ。おいら的にはブロントザウルスの方がかっこいい響きなんだがなぁ。