読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おいらの動作確認

[ダジャレ]どうさ、確認してみた?

印刷のことなら格安・激安の印刷通販【ラクスル】

あの「直接」がもう聞けなくなるのか。

WiiU 任天堂 岩田聡 (;~;)

突然の訃報に、あまりに胸が苦しくなったので書く。

岩田社長は、ニンテンドーダイレクトを始める以前から「ほぼ日刊イトイ新聞」を皮切りに、任天堂公式サイトでも名物コーナーとなった「社長が訊く」で、いろんな言葉をわれわれに発信してきたひとでもあると思う。

なにせ、糸井重里さんにパソコンを教えたり、「ほぼ日刊イトイ新聞」を作った一人の立役者だったりする人物でもあるそうだ。

おいらは「社長が訊く」で、むしろ新作ゲームの話よりも昔話しに来たと言わんばかりの任天堂の社員さんたちによる不可避な笑いに何度誘われたことか。それをうまく訊き出している役割もうまかった。「むしろそっちの話が聞きたいです」とね。

彼がプログラマー出身であることを大きく言う人が多いが、むしろコンピュータよりも人間にも対してきめ細かく丁寧な姿勢を会ったことなくても感じてくる。

それは、ハル研を立て直すために社員全員にマンツーマンで面談をし、沈みがちだった従業員のモチベーションを維持・向上させることに尽力したと言い、それも任天堂に移ってからもやっていたというから驚きだ。

糸井さんが「ずっといつも、だれかの助けになろうとしていた。」と言ってたほどのお助けヒーローだ。

そんなお助けヒーローも、思わぬ早すぎる休息の時。

これは休息だからお別れの言葉は言わない。

言うとするなら、「ハロー。そしてグッバイ。」くらい。