読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おいらの動作確認

[ダジャレ]どうさ、確認してみた?

印刷のことなら格安・激安の印刷通販【ラクスル】

当人は謝らなくて済む風潮。

香ばしい記事 日記 知ったかぶり

KJCLUBで懐かしの「謝罪おつゆ」という言葉がまだあり、じわじわくるおいらだ。

f:id:weep:20150220074621p:plain

子供が悪いことをすれば、子供の変わりに親が謝りにいく的なもの。

例えば、不適切なことをやらかしたひとの会社なり店なり家族の代表者が謝ることについて疑問がある。

これで、当人は謝らなくて済むといった風潮が成立しているのはなんだろうか。

不適切なテロップを用意したスタッフは、アナウンサーなどの出演者が変わりに謝らせるのもその風潮の1つである。

よくあることなので、これで済まされるのは定番化。ましてや番組には尺があるので謝るのは素早くする必要がということだ。

2chの実況ch(ニコニコ実況もかな?)では「女性のアナウンサーが脱いで詫びろ」というギャグを飛ばすのがお決まりになっている。

この風潮で許されない事態となった、東海テレビ放送さんのあの事件とか。

当人はインタビューで悪気はない。そうなるとは思ってなかった。の一点張り。

謝罪のひとつもなく、プロとは思えない不備の言い訳で終始した。

また、違うところでは、とある発表イベントにて舞台の出演者である声優に尻拭いさせて、そそくさと逃げるスタッフたちは「声優の盾」と表現された。

客の多くは、大好きな声優さんに罵声を浴びせることができず、無言のまま会場を去るといった悲しい出来事だ。

謝らない当人たちは「こうも偉いのか」と思えてくるシンドロームは何なのか。

 最近では、歌手がライヴのMCで利用したお店についての不備をつき炎上し、会場の客には関係者も居たそうな。

当人は、似てる芸人には謝り、店には謝らなかった。

もちろん、謝るのは所属事務所だ。

ホームページスタッフがHTMLを駆使して謝罪文を真夜中に掲載するといった対応。

当人は謝らないものなりて。

悪いと思ったら、誰の力も借りず当人が謝るものだ。

本当に悪いと思ったらならば、なおさらだが。

謝らなくて済む当人は偉くなったものだ。

さては、当人が謝って済む問題でない事態だからかな。

こういった香ばしい記事を書いてごめんなさい。

反省してまーす。